電話連絡なしの申し込み方法はWEB完結!

モビットには電話連絡なしの方法がある、そんな話を聞いたことがあるでしょう。
確かに、モビットの申し込みでは電話なしがあります

 

■電話連絡なしの申し込み方法はWEB完結

モビットの特徴ともいえるWEB完結は3つの「ナシ」があります。

 

・カードなし

 →カードが発行されないカードレスキャッシング専用のWEB完結です。

 

・電話連絡なし

 →在籍確認は書類で行うため電話による勤め先確認はありません。
  また、モビットからの審査結果連絡もメールになります。

 

・郵送物なし

 →カードが発行されず、契約書類もネットで交付になるため郵送物はありません。

 

 

”ポイント”

バレないキャッシングとしては非常に人気があります。
郵送物も電話もなければ「人に知られないキャッシング」が可能になるでしょう。

 

■WEB完結には条件がある

電話連絡なしが魅力のWEB完結ではありますが、誰でも利用ができるものではありません。
条件を満たしていない場合にはWEB完結は利用できず、カード申込になります。

 

それではWEB完結申込の条件を確認しましょう。

 

〜必要な口座がある〜

三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行口座のいずれかが必要になります。
この口座は振り込みキャッシングの受け取り口座であり、口座振替の返済に利用することになります。

 

これ以外の口座は振り込みキャッシング、口座振替に対応していません。

 

〜本人確認書類の提出〜

運転免許証かパスポートの写しが必要になります。
顔写真付であることが条件となっており、健康保険証では本人確認書類にはなりません。

 

〜収入証明書類の提出〜

源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書直近2か月分のいずれかの写しが必要になります。
総量規制に基づいて通常は50万円超の借り入れの際に収入証明書類の提出が必要となりますが、モビットのWEB完結では希望金額にかかわらず収入証明書類の提出は必須です。

 

〜勤め先確認書類の提出〜

社会保険証か組合保険証と、給与明細書1か月分の写しが必要になります。
健康保険証であれば何にでも対応ができるというものではありません。

 

その保険証が勤め先を確認できるだけのものでなければならない、つまり、社会保険証か組合保険証が必要になります

 

※電話連絡なしは、勤め先確認が書類で行えるからです。
これらの書類の提出ができない場合にはWEB完結の利用ができません。

 

■電話連絡があるのは申し込み時だけではない

電話連絡は申し込み時ばかりではありません。
在籍確認以外にも「返済地園児の連絡」としても使われることになります。

 

返済が遅れると、まずは登録している携帯電話番号に連絡。
そこで連絡が取れない場合、もしくは連絡が取れても返済ができない場合に自宅住所宛に督促のはがきが届きます。

 

自宅への郵送物を防ぐためには、確実な返済も重要なこととなるでしょう。

 

■モビットだけではなくなった「電話連絡なし」

これまで電話連絡なし、郵送物なしは、モビットWEB完結の特徴的なサービスでした。
しかし、現在はプロミスもWEB完結を開始し、電話なし、郵送物なし、カードなしに加えて、「利用中にカードが必要になってもカード発行が可能」となっています。

 

これからカードレスが主流になるかもしれません。
自分に合ったカードレスキャッシングが選択できる時代になってきました。